5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

netatalkについて語るスレ

1 :Macer:02/02/21 15:42
netatalkについてのスレが見あたらないので立ててみました。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/21 15:44
どんなソフトか分からない人の為に説明。
MacとUNIXでファイル共有するソフトです。
詳しくは、下記のURLをご参照下さい。
http://netatalk.sourceforge.net/


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/21 16:11
使ってるけどそれほど語ることないな。 # 前にスレあったがそれもすぐ沈んでいった。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/21 16:15
kuso sure tatenna

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/21 16:53
ねたトーク

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/21 18:26
使ってみたけど、転送速度が2M位で遅くて実用に耐えない!とアボーンした。
netatalkユーザ、少ないと思うがどうよ?


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/21 18:30
熱湯苦

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/22 00:34
リナックスワールドの3月号にnetatalkの記事が載ってるけど試した人おる?


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/23 17:56
やはり予想通りの結果だ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/24 01:27
netatalkユーザ少ないから仕方がないか。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/24 01:28
うちの会社 Mac ないしなー。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/24 04:15
OS X だったらほかのサービス使うし OS 9 以前の Mac などストレス溜って使ってられん。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/24 08:05
>>11
Mac無くてもPC-UNIX同士でnetatalk使えば良いんだよ。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/24 12:32
>>6
Asun patch当ててる?最新版1.5bなら最初から入っていると思うけど。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/25 14:01
最新版はrpm提供してないみたいだね。
ソースからビルドは面倒だな(ぉぃ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/25 18:03
同居人がマカーだから、思いっきり使ってる。
俺がウィソだから、coding system:CAPだけど、使えない漢字のファイル名とか
あるようだ(漢字の十とか)。
最近のはutf8とか使えるのかな?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/27 16:06
>>16
まともな転送速度で使えてる?

18 :うひ!:02/02/27 18:00
ファイル名に「パソコン」とか使えなかった。
あと、わけわからんフォルダ作りまくりは悲しい。

でもないと困るのよね。

19 :16:02/02/28 21:10
>>17
695Mのファイル、70秒で転送できたから、まともだと思った。
ちなみにG4デュアルの1GHzのOS9.2。macのエミュ(basilisk+OS8.1)だと、切断するのに
やたら時間がかかった。
むしろsambaの方が時間かかって(5分以上)、変だと思ったら、
biosでutlraなんちゃらが切れてた(藁。ネットワークの3倍もおそいHDを
使ってたんだなぁ・・・・>漏れ。

>>18
>でもないと困るのよね。
禿同。なくても、一般の人にはなんの支障もないんだけどね。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 03:00
実体験上Sambaの方が時間がかかってると思います。
FreeBSD Q&AではSambaとWindowsのTCP/IPのハンドリングには
Windowsのほうに問題があるらしいけど。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 03:32
>>1の名前Macerってマカーの事だったのね。
メイサーってなんだろ?と3秒考えた。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/02 21:32
漏れはずっとメイサーだと思っていた

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/03 18:30
nettalkってアップデート(メンテナンス)止まってるソフトだよね?



24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/07 21:26
りんごあげ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/07 21:36
>>23
ミシガン大学だったかな、そこがメンテしていて止まっていたけど
sourceforgeで再開しているよ。1.5.2が出てるYO。
ttp://sourceforge.net/projects/netatalk/

26 :16:02/03/13 19:30
1.5.2 入れてみたけど、1.ゲストで入れない。2.ログインするまで異様に時間が
かかる等の問題が発生したのでRPMに戻しました。
このバージョンにしてなんかいいことあるのかなぁ・・・・・・。
#マニュアルまじめに読めばいいだけの話なのだが。
ちなみにスピードですが、我が家ではウィソの方が倍以上遅いと判明(w。
AirMac経由(routingでなく、192.168.0.50-100を192.168.0.0/24に含めるみたいな
感じ)のiBookだと内蔵Etherに比べて、30倍以上時間がかかりましたとさ。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/13 22:06
>>26
FreeBSD4.5Rのportsで入れたけど、ゲストで入れるし、ログインも
すぐでしたよ。

>このバージョンにしてなんかいいことあるのかなぁ
地球の形をしたアイコンがディスクの形になりました。


28 :28:02/03/27 13:37
サーバー側はVineLinux2.1.5、
netatalkは、一応リリース版の1.4b2+asun2.1.3のrpm。

Mac側はOSX。

1.マウントは出来たし、ファイルもサーバーに書ける。すげー、
と思っていたらファイルを消せない。パーミッションの設定がおかしい?

2.Linux側にぶら下げたBJC-465J。LinuxからASCIIもGS(PSファイル)もプリント可。
netatalk経由でMacからプリント・・・出来ない。ヤパーリ、非PSプリンタって設定難しいんですか?
BJC-600でフィルタ掛けてます。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/27 14:10
ログインに時間がかかる場合は
シズテムフォルダー内のサーバーに余分なファイルがないかチェック。

ファイルサーバーをアップデートした際などに、古いのがたまって順番にアクセスするため
時間がかかる。

ただしOS9の話ですが。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/03/28 12:04
ところで、netatalkに、Sambaでのsmbclientに相当するものはないの?

漏れの環境には一切MacOSは無いのだが、
smbclientに相当するものがあるなら
遊びで netatalk入れてみたいと思う。


31 :クライアントのばか、、、、。:02/04/10 01:39
お邪魔します。
クライアント先が貧乏でMacのポリタンク買ってくれない、、。(iMacだらけ)
しょうがないので転がってたiMacのHDD交換してファイルサーバー
代わりに使ってたけど、、。やっぱり連続運転に耐えられず故障頻発。
結局、部品扱いでパーツ揃えてAT互換機作って、
Linux+netatalkでファイルサーバー作ったよ、、。
すんません。役に立たない愚痴書いて。
誰かに聞いて欲しかったんです、、、。
でも、ほったらかしでも全然落ちないし、速さも悪くないよ。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/10 02:52
>>28
Netatalk上でファイルをつくるとオーナが誰でパーミッションが
どうなっていますか?

> BJC-600でフィルタ掛けてます。
pap.confで格闘してください。Linuxからみても、PSプリンタと
gsの皮をかぶった仮性PSプリンタは同類に見えるから、設定は
同じはず。.PPDファイルは適当にAdobeのサイトで見つけてきた
ものでいいと思います。A4プリンタならLaserWriterでも可。

非PSプリンタの設定で難しいのはMacにつながっているプリンタが
非PSプリンタのときです。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/10 03:10
>>30
ありましぇ〜ん

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 03:33
LaserWriter NTX-JをPCに接続できるもんなんだろうか?
キヤノンとかのPSプリンタなら、パラレルとかシリアルとか付いてるけど…

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/21 07:00
>34
尻有がついてる。
SCSIコネクタの近くについているD-Sub25のコネクタがそれ

12-3年くらい前SUNやNEWSにつないでたよ

通信速度は9600bpsだったと思うからかなり遅いかも
速度は変更できたと思うけど、ずいぶん昔のことなので記憶があやふや

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/24 01:54
大昔書いたことがある者です。
redhat 7.3にeucのパッチ当てた、netatalk(確かvine 用)のパッケージを入れたのですが、
コア吐くみたいなので、
#nbprgstr -p 4 "${ATALK_NAME}:Workstation"
#nbprgstr -p 4 "${ATALK_NAME}:netatalk"
の部分をコメントアウトしましたら問題なさそうでした。
これって、名前登録に必須云々とどこかに書いてありましたが、なくても大丈夫なものでしょうか?
よろしければご教授ください。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/25 10:57
ないと Mac の方のコンピュータ一覧に表示されないんじゃないか?
表示されないだけで名前指定してのアクセスはできたかもしれん。


38 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/25 12:58
昔は、appletalkでのファイル共有には「名前登録」が必要だったけど、
今は TCP/IPでのファイル共有 (afp over ip) が動くので、
appletalkが要らなくなったんですね。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/25 13:48
「今は」といっても古い Mac を何台も抱えてるとこではそんなこといってられんだろ。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/25 14:02
Macってふしぎ!

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/05/25 19:36
>>39
「古い Mac」 ってどれくらい古いのを言ってるんだい?
MacOS 7.6 が動けば、 afp over ipは動くんだよ。もっと詳しく言えば、
OpenTransportが動けば OK. IIciでさえ動くんだから、
これに当てはまらない古いマシンはさすがに考えなくて良いんでないの?


42 :39:02/05/25 20:07
>>41
Mac 使いじゃないんで正確なところはわからんけど、
まだ IP stack が標準で入ってなくていろんな種類の奴があったとき。
そんとき Windows は 3.1 とかが出たころかな?

まあそんな古いのは除外するとしても、
あんまり良くわかってない Mac 使いと、Mac のこと知らない管理者の
組み合わせだと Appletalk でってなっちゃうんだけどね。


43 :36:02/05/26 12:37
レスどうもです。
そっかー、appletalkとafpdって違うものなんですね。マジで知らなかった(恥)。
俺最近まで、「netbeuiがないとwindowsでファイル共有ができない」などと平気な顔して
いってましたけど(恥の上塗り)、似たようなものなのでしょうね。
今日見たら、macosx-jpにもありましたね。atalkdも切っちゃって良かったんですね。


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/16 23:22
MacOS XからLinuxのファイルサーバに接続するときは、
Netatalk必須だと思っていたのですが、そうではないみたいですね。
MacOs Xのローカルネットワークは、afp over ipとすると、
何を準備すればいいんでしょうか?初心者でスマソ。

45 :名無しさん@Emacs:02/06/17 00:21
MacOS Xでも、Linuxがわにはnetatalkの中のafpdは必要ですよ。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/17 00:48
>>41
OpenTransportは漢字Talk7.5で動きます.
今は漢字Talk7.5もAppleのページで無料配布しているし便利になったもんじゃ脳

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/17 01:00
>>44
OS Xならsambaで接続できますね。
smb://192.168.1.2
とかやればよかったはず。ftpでeucとか通れば、sambaすら必要ないかも?

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/22 20:17
MacOS 9からはログインできるのですが、MacOS X(10.1.5)
からはログインできない状態になってしまい、行き詰まっております。
Netatalk 1.5.3.1を以下の順でインストールしています。
OSはRedHat Linux 7.3です。

$ ./configure \
> --sysconfdir=/etc \
> --with-did=last \
> --with-pam \
> --with-shadow \
> --with-flock-locks \
> --enable-redhat \
> --with-ssl-dir=/usr/lib
make
make install

関連する設定は以下の通りです。
afpd.conf
- -transall -uamlist uams_randnum.so,uams_dhx.so

AppleVolumes.default
~

atalkd.conf
eth0 -phase 2

/etc/hosts
192.168.0.1 hoge.nanashi.com hoge
127.0.0.1 localhost.nanashi.com localhost

/etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
HOSTNAME=hoge.nanashi.com
DOMAINNAME=nanashi.com
GATEWAY=192.168.0.254

OS Xからnetatalkに接続されている方、ご教示頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/22 23:25
>>48
DDP でつながらないの?
TCP でもだめ?


50 :名無しさん@Emacs:02/06/23 09:16
以前のバージョンのnetatalkだと、afpdの "welcome message"(ごめん、実際
にはどういう変数か忘れた...) みたいなのを出さないと、MacOS Xで、ユーザー
名とpassword入れたあとにつながらないとか言う症状があったけど...

1.5.3.1なら直っていたような気がするからなあ。

# /var/log/messageとかどうなってる?



51 :48:02/06/23 09:57
afp://192.168.0.11/ でも駄目でした。
AppleTalkだと、hogeと出るのですが、ローカルネットワークだと
何も出ません。

AppleTalkから接続しようとすると、
次のファイルサーバに接続します"hoge" :という画面で
登録ユーザを選択し、名前とパスワードを入力

オプションを見ると以下のようになっています。環境設定は
何もチェックをつけていません。
次の方法で"hoge"へ接続 :
 暗号化パスワードトランスポート

そのまま接続すると、以下のメッセージが出ます。

ログインに失敗しました
ユーザ名が登録されていないか、パスワードが間違っているか、
またはログインが無効です。名前とパスワードを再度入力する
か、サーバ管理者に連絡してください。

#サーバ管理者は漏れだよぅ。ウワァァァァァァァン!
設定は少々変更しました。以下変更点です。
afpd.conf
- -transall -uamlist uams_randnum.so,uams_dhx.so -ddp -tcp

# -ddp -tcpを追加しました。

/etc/hosts
192.168.0.254 router.nanashi.com router
192.168.0.11 hoge.nanashi.com hoge
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost


52 :48:02/06/23 10:07
>>50

cat /var/log/message の内容ですが、
/etc/rc.d/init.d/atalk restartしてからの部分です。よろしくお願いします。

hoge atalkd[1366]: restart(1.5.3.1)
hoge atalkd[1366]: zip_getnetinfo for eth0
hoge last message repeated 2 times
hoge atalkd[1366]: config for no router
hoge atalkd[1366]: ready 0/0/0
hoge atalk: atalkd startup succeeded
hoge atalk: Registering hoge:Workstation: succeeded
hoge atalk: Registering hoge:netatalk:succeeded
hoge atalk: afpd startup succeeded
hoge atalkd[1382]: hoge:AFPServer@* started on 65280.86:128(1.5.3.1)
hoge atalkd[1382]: ASIP started on 192.168.0.11:548(2)(1.5.3.1)
hoge atalkd[1382]: uam: uams_randnum.so loaded
hoge atalkd[1382]: uam: uams_dhx.so loaded
hoge atalkd[1382]: uam: "DHCAST128" available
hoge atalkd[1382]: uam: "2-Way Randnum exchange" available
hoge atalkd[1382]: uam: "Randnum exchange" availale




53 :48:02/06/23 14:00
今、出先で立ち読みしてきたのですが、
afpd.conf は、-transall がtcp,ddpの両方を使うということだったのですね。
afpd.confから-tcp -ddpを削除しました。
- -transall -uamlist uams_randnum.so,uams_dhx.so
でもやっぱりつながらないのです。

54 :50:02/06/24 07:45
ちなみに、うちで動いている( Mac OS Xでも ) netatalkの spec fileのなかには
こんな風に書かれています。参考になるかなあ。
./configure \
--prefix=%{_prefix} \
--mandir=%{_mandir} \
--infodir=%{_infodir} \
--with-pkgconfdir=/etc/netatalk \
--with-uams-path=/etc/netatalk/uams \
--with-msg-dir=/etc/netatalk/msg \
--enable-lastdid \
--enable-redhat \
--with-pam \
--with-cracklib \
--with-shadow \
--with-tcp-wrappers \
--with-ssl \
--enable-pgp-uam \
--enable-fhs


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/06/27 09:43
Solaris8でnetatalk動かしてる人います?

トラブってネット上色々調べたんだけどあまり事例を見かけないのよね

赤帽さんとかは良く見るのだけど・・・

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/08 14:39
色々調べたんですが,どうしても分らないので質問させてください

31文字以上の文字数がファイル名に使われているものは
Macの制限から,Mac上では見えなくなってしまいますが
これを,なんとかファイル名を見かけ上短縮するなりして
Macからも見えるようにする方法はないんでしょうか?

57 :50:02/07/17 20:33
>>56
これでも読んでみてちょ。
http://sourceforge.net/tracker/index.php?func=detail&aid=434735&group_id=8642&atid=358642
で、結論をちゃんと要約してくれ。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/27 22:15
netatalkって、発音は neta talk なの? net a-talk なの?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/27 22:17
>>58
net a-talk

60 :芸夢狂人ファン ◆GameaPh. :02/09/27 22:53
http://netatalk.sourceforge.net/jp/faq.php#1.10
よると

正しい発音は、"ネドトーク"('ned-*-to.k) ("ド" は優しく、"ネ" はあいまい母音) です。[訳注:つまり、日本語での発音を表記すれば、ネットークとなります。]


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/28 12:44
netatalk-1.5.5出たね。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/09/28 19:21
納豆食う

63 :58:02/09/30 19:09
>>60

ありがとう
neta talk でも net a-talk でもなかったとは...

まあ、ねっとーく、といって日本で通じるかどうかはまた別かな?

ただ、すくなくとも、neta talk という発音を強いられないだけでも、良かった。
#neta talk って発音は、メアドと同じような気色悪さを感じさせるから...

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/03 08:07
FreeBSD徹底活用1 ネットワーク編 105頁
netatalk
発音は「ネタトーク」に近い感じです。

と書いてあるのを読んで以来neta talkで発音してる。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/06 21:11
はまり中。
FreeBSD4.62RとMacOS9.1。
必要に迫られ、netatalk1.5.3をインストール。

ログインは問題無いのだが転送速度が鬼のように遅い。
途中で接続が切れることもしばしば。
BSDの画面にbroken pipeと出る。

俺はどうすればいいのだろう・・・・・?



66 : :02/10/06 23:36
afpd.confとかでサーバーの公開設定が
-transall
に成っていると思うんだけど。

Mac側のNICでは-udpじゃないとやたらと遅いっていう現象があったよ。
Mac側でAppletalkをオン、TCP/IPをオフにしてセレクタでモうんとするか。
その逆(TCP/IPをオン、Appletalkをオフ)をやってみるか。

余談だけど。portsに頼らないのであれば、netatalk1.5.5をインストールするのも手。

67 : :02/10/07 06:53
ああそういえば。
afpovertcp(port548)じゃなくて、Appletalkを使う場合は。

カーネルのoptions NETATALKが必要だったはず。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/10/11 18:47
SLPを使う場合は、サーバの方のAppleTalkをオンにしないとだめなのね。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/11/06 21:13
AFP接続したクライアントがスリープに入ると、問答無用で接続が切れちゃうんだけど、
これってどっかに設定で、切断までの猶予期間って設定できるのでしょうか?

たしか本家、AppleShare IPは、そういった設定があったと思うのですが。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/01 14:35
祝netatalk-1.6 release


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/01 20:06
>>70
お、出たんだ。
UTF-8サポートってまだなのかな。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/29 03:39
どなたか、NetatalkがSLPに登録する際の、scopeをdefaultから変更する方法知りませんか?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/12/29 09:12
netatalk-1.5.5/etc/afpd/afpd_config.dのdsi_initあたりを読め。

74 :72:02/12/29 20:16
>>73 あんがと。

SLPRegの部分だと思うんだけど、scopeをどのように指定するか分からなかったよ。
http://www.openslp.org/doc/html/ProgrammersGuide/SLPReg.html

そもそもOpneSLPでscopeを指定するのが、
slp.regに記述するのはうまく動いたけど、slptoolで登録するには
どうやってscopeを記述していいか分からなかったです。

こりゃOpenSLPの領域だな。

75 :山崎渉:03/01/15 13:09
(^^)

76 :yuko:03/02/01 13:26
一度AppleShareで接続すると、次回から起動するたびにまた
“次のファイルサーバに接続します”
ってウィンドウが出ます。
もう接続する用事はないから邪魔なんだけど、
どうやったらこのメッセージって表示しないようにできるのでしょうか?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/01 13:42
>>76
・AppleShare機能拡張を窓から投げ捨てる。
・一旦接続させると「使用したい項目を選択してください」に一覧が出るので、そこにあるチェックを外す。
ほかの回答はこちら。


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/01 14:56
>>76
クライアント側の話だから、新・mac板に行って聞いた方がいいと思われ。
あと、使っているOSのバージョンぐらい書きましょう。

79 :76:03/02/02 10:53
>>77
ありがとうございました。2番目の方法で解決しました。
場違いの質問に答えてくれてありがとうございます。OSは9.1でした。
AppleShereの初期設定を捨てても解決しないからどうしてかなと思ってました。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/05 00:32
- -transall -uamlist uams_guest.so

この設定で、何故起動ログが
hoge atalkd[****]: uam: uams_clrtxt.so loaded
hoge atalkd[****]: uam: uams_dhx.so loaded

になるのかわからん。
afpd.conf に何を設定しても、起動ログが上記の通り。
uams_guest.so が読み込まれる気配なし。
一向にゲストログインできん。

最近はnetatalkに関する記述がある本も少なくてね。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/05 11:47
そりゃafpd.confを読み込んでいないのでは?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/05 21:39
inedやxinetdで制御できないかねぇ?
グローバルIPに出したいんだけど…
やぱ危険ですかね?
または火壁でIP制御した方がいいかね?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/05 23:37
>>82
netatalkはhosts.allowに記述すれば、制御出来たと思うよ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/06 01:47
>>82
port 548を適当な暗号化トンネルをとおせばいいのでは。OpenSSHの22とか。
じっさいAppleはそういう使い方を説明しているよ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/06 13:44
ふむふむ、帰ったら試験してみます
>>83
>>84
どもです!

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/01 23:59
1.6.1 age
で、もうインストールした香具師いる?

87 :>>86:03/03/02 00:39
portupgrade?????????????
/etc/pam.conf??????????????????

88 :86:03/03/02 00:47
>>87
文字化けしてるようで、もしかしてsafariからの書き込みですか?

とりあえず、人柱的にインスコしてみまふ。
redhat 8.0で、netatalk 1.6.1
素人なので、かなりいい加減ですが

./configure --enable-redhat
> --with-shadow
> --with-flock-locks
> --with-logfile=/var/log/netatalk.log
> --with-ssl-dir=/usr/include
> --with-tcp-wrappers
> --enable-pgp-uam
> --enable-krb4-uam
> --with-pam

で、今make中

89 :86:03/03/02 00:49
なんかエラーが出てしまいますた。

fork.c:149:2: #error sorry, for now configure --with-flock-locks is broken...
make[4]: *** [fork.o] Error 1
make[4]: Leaving directory `/tmp/netatalk-1.6.1/etc/afpd'
make[3]: *** [all-recursive] Error 1
make[3]: Leaving directory `/tmp/netatalk-1.6.1/etc/afpd'
make[2]: *** [all-recursive] Error 1
make[2]: Leaving directory `/tmp/netatalk-1.6.1/etc'
make[1]: *** [all-recursive] Error 1
make[1]: Leaving directory `/tmp/netatalk-1.6.1'
make: *** [all-recursive-am] Error 2

そういえば、どこかで、--with-flock-locks オプションは使えなくなったとか
聞いたような気も。。。


90 :86:03/03/02 01:29
> --with-flock-locks を取って、make、makeinstallでうまくいきました。
今までフォルダをコピーするとエラーメッセージが出たのが解消しますた。

./configure --enable-redhat
> --with-shadow
> --with-logfile=/var/log/netatalk.log
> --with-ssl-dir=/usr/include
> --with-tcp-wrappers
> --enable-pgp-uam
> --enable-krb4-uam
> --with-pam



91 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/07 17:07
FreeBSD4.7に入れるときは ./configureに何指定すればいいの?

92 :87:03/03/07 19:55
cd /usr/ports/net/netatalk
less Makefile
もしくは
cd /usr/ports/net/netatalk
make WITH_PAM=yes install

93 :山崎渉:03/03/13 16:51
(^^)

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/15 20:49
Icon? などのファイルを作成しないように設定できませんか?
表示させないんじゃなくて、データのみ共有して、リソース関係は扱いたくない場合。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/03/15 20:51
>>92
euc patchの適用するタイミングはどこでしょうか? (portsの場合)

96 :87:03/03/16 02:21
cd /usr/ports/net/netatalk
make extract
してあてるか、
make patch
してからあてるか。

97 :山崎渉:03/04/17 12:18
(^^)

98 :山崎渉:03/04/20 06:10
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/28 12:11
1.6.2をRedhat9に入れようとしているんだけど、./configure で、
configure: error: Berkeley DB library not found! というエラーを
吐いて終了。先に進めない。。。
Berkeley DB はインスコしたんだけど、それでも状況変わらず。
どうしたもんだか。
# rpm -q db4
db4-4.0.14-20

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/04/28 14:14
>>99
% configure --help

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 15:33
FreeBSDでeucパッチ使ってる人いる?
入れ方教えて

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 15:50
>>101
portsだと1.6.1のnetatalk入っちゃうので、tarball落としてきて
configureしる


103 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 16:32
Appleshare over IPしか使わない場合は、カーネルのoptions NETATALKを有効にしなくていいのかな?


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 16:42
>>103
有効にしなくて大丈夫だと思います。

105 :103:03/05/05 17:50
>>104
ありがとうございます。

netatalkの場合
1.5系 開発版
1.6系 安定版
ですか?

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 18:08
NFS <-> NetAtalk <-> Mac
という具合にNFSサーバー上の共有データをNetAtalk経由でMacから利用出来ないですか?
自分で試してみたところセレクタ固まりました。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 20:16
>>101
OkamotoさんのHP参考しると吉
ちなみに、Linux用だとここにあるけど、このeuc.patchがFreeBSDで使えるかは?
ttp://150.22.15.108/~rpms/Vine25/Netatalk162/


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 21:52
1.6.2をfreebsd4.8でconfigureするとdb見つからないです。
configure: error: Berkeley DB library not found!

db-3.3.11をportsから入れてあるんですが?何故でしょうか?


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 21:59
>>108
>>100

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/05 23:55
sourceforgeにeuc.patchは公開されているよ。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 00:37
>>108
自分はBSD使ってないけど、FreeBSDにはせっかくportsがあるのだから
1.6.2にこだわらずportsで入れてみては?
eucパッチ済が/usr/ports/japanese/netatalk-euc という具合には配布されていないのかな?
Linuxだとeuc化済のrpmがあるのでラクチンです。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 00:50
portsを分けるよりもWITH_EUCJPとかでdependさせれば済みそう。
send-prすれ。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 00:52
CVSupしよう! すでに1.6.2になってるよ〜
http://www.freebsd.org/cgi/pds.cgi?ports/net/netatalk

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 01:12
>>112
その手のいわゆるローカルパッチ当てるportは本体のバージョンが
変わるとおかしなことになりがちなんで別portにするのが通例

send-prするならjapanese/netatalkでやってちょんまげ

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 01:16
文化の香りがします

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 03:20
ばふんくせぇ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 09:11
FreeBSDでWITH_MANGLINGしてports入れると、なんかエラーログがうるさいのはなんで?

118 :101:03/05/06 13:27
>>107
cvsupでportsを更新し、patchあててからmakeしたけど、止まっちゃった。

#make extract
#cd /usr/ports/net/netatalk/work
# wget http://150.22.15.108/~rpms/Vine25/Netatalk162/euc.patch
#patch < euc.patch
#make
<snip>
gmake[3]: *** No rule to make target `nbp_knj.c', needed by `nbp_knj.lo'. Stop.
gmake[3]: Leaving directory `/usr/ports/net/netatalk/work/netatalk-1.6.2/libatal
k/nbp'
gmake[2]: *** [all-recursive] Error 1
gmake[2]: Leaving directory `/usr/ports/net/netatalk/work/netatalk-1.6.2/libatal
k'
gmake[1]: *** [all-recursive] Error 1
gmake[1]: Leaving directory `/usr/ports/net/netatalk/work/netatalk-1.6.2'
gmake: *** [all-recursive-am] Error 2
*** Error code 2

Stop in /usr/ports/net/netatalk.

119 :101:03/05/06 14:04
>>118
nbp_knj.cが/usr/ports/net/netatalk/work/netatalk-1.6.2/libatal
k/nbp の下に作られてなかったので移動してmake通るようになりました。

make installした後早速起動したのですが...

OS9から 「マックから日本語で書いた」というディレクトリを作成したところ
サーバー側では「マックか・・本・で鍾いた」と表示されてしまうのでアセリましたが、ls -wで表示出来るようになりました。
ありがとうございます。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 18:07
NFSサーバーからマウントした、マウントポイントをNetatalkを使ってOS9に公開したいのですが、その後rootでマウントしても解決してません。
OSXから接続し、ディレクトリを作成しようとするとエラーコード -50と表示されます。
どなたか設定に成功している人いませんか?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 20:20
>>120
NFSのマウントポイントを直接共有させてないか?
NFS -> BSD -> MAC はNG
でも
NFS -> BSD -> LINK -> MAC はOK
だから
mount NFS:/share /mnt/share
ln -s /mnt/share /mac/share
この/macをAppleVolumes.systemに書いてshareをダブルクリックすればいい。
理由は知らない。経験則:-p

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/05/06 20:25
umaskの機能はないでしょうか
Macからディレクトリやファイルを作成すると、自動的にパーミッションを
rwxrwxr-x (775)に設定出来ませんか?

123 :122:03/05/06 20:30
すいません間違えました。
設定したいパーミッションは  rwxrwx--- (770) で
共有ごとに固有のグループに設定出来ませんか?(sambaのforce groupのように)

124 :山崎渉:03/05/22 02:00
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/23 23:25
1.6.3 age
http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=8642


126 :茶柱:03/06/27 08:02
.AppleDoubleを作らせない設定ってあるんでしょうか?
うざいので止めさせたいんですけど。
初歩的な質問でしたらすみません。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/27 11:50
ある。
.confのコメント読め

128 :茶柱:03/06/27 18:58
リプライをありがとうございます。
以前に何かのファイルで目にしたはずと思いながら、
その後ぜんぜん見つからなくて困っていました。
.conf(atalk.conf, afpd.conf)をいくら見回してもなくて
諦めかけていましたが、AppleVolumes.defaultの中にありました。

# miscellaneous options [syntax: options:option1,option2]:

# noadouble -> don't create .AppleDouble unless a resource
# fork needs to be created.

しかしこの文法(syntax)というのがイマイチ分かりません。
たんにnoadoubleの行のコメントを外すだけでいいのか、
それともsyntaxの例に従って何かoptionsを指定せねばならないのか……。
何か指定するとしたら、このAppleVolumes.defaultをホームディレクトリに
AppleVolumesというファイル名で置く時に一番下の行の~以下に書くのか、
それとも何か他のファイルを用意する必要があるのか、
あるいはatalkdを起動する際に上のoptionsを与えてやる必要がある、
という意味なのか、どうもそういうところが分かりにくいです。

そもそもホームディレクトリにAppleVolumesを作成しない場合は、
AppleVolumes.defaultファイルがシステム全体に効くはずだと思うので、
たんにAppleVolumes.defaultを書き直してatalkdをリスタートさせればいいような気がするのですが。

すみませんが、もう少しおつきあい下さいませんか。
よろしくお願いいたします。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/27 19:40
確認だが、どうして.AppleDoubleがうざいんだ?
Sambaで見えるのがうざいのなら「veto files」で対処できる。

130 :_:03/06/27 19:57
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

131 :sarada:03/06/27 20:02
(σ・∀・)σゲッツ!!ならココ!
http://www3.kcn.ne.jp/~barozza/
いまどき荒らしも流行らない?
荒らしAGE!!

132 :茶柱:03/06/27 20:40
AppleDoubleがうざいのは、
まずは、このディレクトリ以下がMacにしか用のないファイル群だからです。
atalkdが動いているマシン側ではただのたんなるゴミですよね。
というのが一つ目の理由です。

しかしもう一つの理由の方がさらにうざくて、
Mac側にも何か面倒を引き起こしているように思えてなりません。
というのも、NetBSDでもLinuxでもいいですが、
atalkdを走らせているAppleShareサーバがあるとします。
LAN上のMacでそのボリュームをマウントして、
他のMacとそれをシェアしながら、
同時に、
ローカルディスクと同じ様にも使いたいワケです。
netatalkを使いたい動機としては普通ですよね?

ところが、この.AppleDoubleがキャッシュとしても機能してしまうのか、
Macでファイルを任意のアプリケーションで書き換えて保存しても、
クリエイタとファイルタイプを変更してくれずに、
変更前のままだったりするんですよ。

133 :茶柱:03/06/27 20:41
基本的にクリエータとファイルタイプは、
AppleVolumes.systemで設定・提供できるのは知っていますが、
その話じゃなく、その時々で必要に応じて、同一のファイルを
いろいろなアプリケーションで利用しますから、
クリエータAとして定義されているファイルを、
場合によっては
クリエータBとして保存したいこともあるわけです。
というか頻繁にあります。

「ローカルディスクと同じように使いたい」っていうのは
そういうニュアンスも含んでいるつもりです。
ところがこれができないのです。
これには、どうも.AppleDoubleが影響しているとしか思えないのですが。

それからsambaは使っていません。
LAN上にWindows機がないからです。

すみません。
もう少しつきあって下さい。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/27 22:19
>クリエータAとして定義されているファイルを、
>場合によっては
>クリエータBとして保存したいこともあるわけです。
>というか頻繁にあります。

その場合はクライアント側で「デスクトップの再構築」をしないとキャッシュされたような挙動になると思われ。

.AppleDoubleがそういう悪さをしているかどうかは、ctimeかatimeでも確認すれば分かる。

135 :茶柱:03/06/27 22:49
ありがとうございます。
んー、なるほど。
だけど、ローカルディスクにあるファイルであれば、
例えばIllustratorで作った.epsファイルをPhotoshopでレタッチして上書き保存すれば、
そのままクリエータを入れ替えてくれますよね。
これがatalkd経由でマウントしたボリューム上にあるファイルだと何故かできないのです。
ちなみに、MacからLAN上の他のMacのボリュームをマウントした場合でも、
ちゃんとクリエータの書き換えはしてくれます。
というわけでやっぱり挙動としてはヘンじゃないかと思うのです。
一つ目の理由だけでもやっぱり.AppleDoubleはうざいです。
どっちにしても、UN*X側では全然必要ないファイル群なので。

136 :茶柱:03/06/27 22:54
ちなみにctimeとかatimeとかって何ですか?
コマンドかと思って探してみましたが無いようです。
あ、いま動かしているシステムはNetBSD/mac68k-1.6.1です。

atime <---- atalkdのログファイルかな?
でもctimeは……???

137 :_:03/06/27 22:55
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/27 23:13
>>136 findのマニュアルでも読んでみそ

139 :茶柱:03/06/27 23:28
たびたびどうもです。
find / -name 'atime'
でも
find / -name 'atime*'
でも何もヒットしないです。
atimeとはずばり何ですか?
ログファイル?設定ファイル?コマンド?
コマンドではなさそうですが。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/27 23:52
>>139
findのオプション

ex.
% find / -atime 123

141 :茶柱:03/06/28 00:21
なるほど。たびたびありがとうございます。
ターゲット・ファイルに変更があったかどうかをfindするためのオプション、
という理解でいいのでしょうか?
atimeとctimeの違いがちょっと理解しづらいのですが……。

それはともかく元の質問に戻って、AppleVolumes.default内の

# miscellaneous options [syntax: options:option1,option2]:

# noadouble -> don't create .AppleDouble unless a resource
# fork needs to be created.

ですが、この情報を一体どう扱ってやれば
.AppleDoubleを作らないようにできるんでしょう?
とりあえずnoadoubleの前のコメントを外してリスタートしてみましたが
まったく関係ないみたいです。
というかAppleVolumes.defaultを読んで
そういう使い方ではなさそうだということは分かっていたのですが、
モノは試しと思って一応やってみたのですけれど。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/28 00:30
>>141で自分が貼った英文をきちんと読もうや。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/28 02:35
>例えばIllustratorで作った.epsファイルをPhotoshopでレタッチして上書き保存すれば、
>そのままクリエータを入れ替えてくれますよね。
>これがatalkd経由でマウントしたボリューム上にあるファイルだと何故かできないのです。

んー? パーミッションがおかしくないか?
うちでは何の問題もなく入れ替えれくれるよ。
Mac OS 9.2.2 Mac OS 10.2.6 WIndows2000 WindowsXPを使用。
サーバーはFreeBSD 4.8R

それにoptions:noadoubleしたらかえって使いにくいだろ。
あと邪魔なら1行コマンドで消せるしさぁ。あったほうがいいと思うよ。


144 :茶柱:03/06/28 02:55
ありがとうございます。

んーっと

ご指摘の箇所はちゃんと読んでいるつもりです。
だからこそ貼付けているんですけれど。

<本文>
# miscellaneous options [syntax: options:option1,option2]:
# noadouble -> don't create .AppleDouble unless a resource
#fork needs to be created.

<拙訳>
#その他の些末なオプション [書式: options:オプション1,オプション2]:
# noadouble -> リソース・フォークを作らせたくなければ
#.AppleDouble を作らない

という理解でいいわけですよね?
違ってたらご指摘下さい。

145 :茶柱:03/06/28 02:56
いや質問の主旨は、ファイルの中にこのような説明があったとしても、
例えば上の例では「書式:」と私は「訳して」しまっていますが、
それは [ ] 内の syntax: という語を説明のためのメタ・タームとして理解したからなのですが、
しかし [ ] 内のすべてが書式であって syntax: 以下を書けよ、
という意味であるなら意味がまったく異なります。
そのどちらが意図された説明なのかが、読んでも分かりにくいのです。
syntax: はメタ・タームなのですか?
それともテクニカル・タームなのですか?

また AppleVolumes.default の中には、
これらのオプションを「どのファイルのどこに書け」とは一切説明されていないので
「それはよく分かった。で、だからそれをどうしろっていうの?」
とついシステムに突っ込んでしまいたくなるのです。
名無しさん@お腹いっぱいさんとのやりとりを繰り返しているうちに、
だんだん「このファイル自体に書け」という意味なのか?という気がし始めていますが、
だとしても、そう書かれているわけではないんですよね。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/28 02:59
無修正ってヾ( ̄∀ ̄*)λ( ̄∀ ̄*)/すばらすぃ〜
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/28 03:34
145では無いけど、ひさしぶりにやってみた

find -name / ".AppleD*" -exec rm -rf {} \;

途中でCtl-cしたから止まったけど。。。。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/28 03:39
findでrmするときはxargs使っとけ

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/28 03:41
しかしうっとおしいなぁ。
netatalkの設定で壊れるわけでもあるまいし、AppleVolumes.defaultにいろいろと書いて試してみればいいじゃん。
/mnt/hoge options:fugaとか。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/28 05:46
なんだかねぇ。あふぉだね。
# path [name] [casefold:x] [codepage:y] [options:z,l,j] \
# [allow:a,@b,c,d] [deny:a,@b,c,d] [dbpath:path] [password:p] \
# [rwlist:a,@b,c,d] [rolist:a,@b,c,d] [limitsize:value in bytes]

151 :茶柱:03/06/28 06:50
あっ、そうなんですか。
うっとうしかったんならすみません。
っていうか、なんでうっとうしがられなきゃいけないのかも分かりませんが。
まぁおっしゃるとおりに「いろいろ書いて試して」みます。
どうもありがとうございました。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/28 09:54
>>144
全然違う。

「作る必要がなければ」、ようはリソースフォークが空っぽの
ファイルしかないバヤイに限り.AppleDoubleを作らない、だな。

だからたとえばMacクライアントのほうでカスタムアイコンを
貼り付けたら.AppleDoubleは作られちゃうってこと。

ようはささやかなinodeの節約、ってとこなんだろうねぇ。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/06/28 12:17
うっとおしいのは
>>145
の泣き言とかだよ。
あのコメント以上の何を期待して要るのか?
手取り足とりここにこう書けっていうチュートリアル?
まぁそれも一理あるが。だとしたら
「Netatalk Wikiを作ったので、調べた事を書きますた。細かいところを修正して下さい」
ってぐらい、このスレを含めたnetatalkユーザーにも利益のあるような何か前向きな事をしようよ。
[netatalk-dev]に英語で「チュートリアルを書きます」とか前向きな提案をするのでもいいし。



154 :名無しさん@お腹いっぱい:03/06/28 12:26
>>153 そかい. >>126 からのスレでは
洩れ的には, これまで自分自身で
よくわかんねーなーと思ってたことが
色々論じられてて参考になったよ.

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/07/09 02:11
鯖:RHL7.3/netatalk1.6.3
クライアント:PM8500(OS9.1)

で運用テスト中なんですが、大量のファイルをまとめて
コピーしようとしたら「アクセス権がありません」エラーが出てしまいますた。
エラーの出たファイルを単独でコピーしても問題ないんでなおさら謎。
何か回避方法はないでしょうか?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/07/09 14:51
netatalkはコンパイル? それともRPM?(あるのかどうかしらないけど)

157 :155:03/07/09 21:59
>>156
ソースからコンパイルです。configureオプションは
ttp://www.kitokitonet.ne.jp/~seiji/mac/linux-de-server-9.html
辺りを参考にしました。
EDEN/600MHzじゃパワー不足か?とも思ったけど、本番機はWinChip/225MHz
で全然問題ないし…。あと、NICは3C905C刺してます。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/07/09 23:50
ext3だとなんかエラーが出る問題か?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/07/10 00:34
漏れは、./configure の時のエラーメッセージがわからない。
1.6.3で、missing: Unknown `--run' option というのがわけわかめ。
RH9で、下のような感じです。

# ./configure --enable-redhat --with-shadow --with-logfile=/var/log/netatalk.log --with-ssl-dir=/lib --with-tcp-wrappers --enable-pgp-uam --enable-krb4-uam --with-bdb=/lib --with-pam=/usr/include/security
checking build system type... i686-pc-linux-gnu
checking host system type... i686-pc-linux-gnu
checking target system type... i686-pc-linux-gnu
checking for a BSD-compatible install... /usr/bin/install -c
checking whether build environment is sane... yes
/tmp/netatalk-1.6.3/missing: Unknown `--run' option
Try `/tmp/netatalk-1.6.3/missing --help' for more information
configure: WARNING: `missing' script is too old or missing

MacOS X(10.2)から繋ぐとエラーが出るからどこか問題ありそうなんだけど。
困ったもんだ。。。

160 :_:03/07/10 00:40
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku09.html

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/07/10 00:48
>>159
書いてある通りだが。

つーかそれnetatalkそのものとは直接関係ないし。

162 :159:03/07/10 01:08
初心者で申し訳なし。
/tmp/netatalk-1.6.3/missing --help をしても
--run オプションは見当たらず。
こういうときはどうするものなんでしょうか??

163 :155:03/07/10 02:04
>>158
まっ先にそれを疑ってext2に変更しますた。結果は変わらず(;´Д`)
もしかしてインスコ時にRAID1組んだのが影響してるのかなぁ。

>>162
missingスクリプトが走ろうとしてるってことは、どれかライブラリの
ディレクトリ指定を間違ってるような気がするんだが…。



164 :159:03/07/10 23:54
./configure --enable-redhat のみのオプション指定でもmissing出ますた (・Ω・)ダメダコリャ

# ./configure --enable-redhat
checking build system type... i686-pc-linux-gnu
checking host system type... i686-pc-linux-gnu
checking target system type... i686-pc-linux-gnu
checking for a BSD-compatible install... /usr/bin/install -c
checking whether build environment is sane... yes
/tmp/netatalk-1.6.3/missing: Unknown `--run' option
Try `/tmp/netatalk-1.6.3/missing --help' for more information
configure: WARNING: `missing' script is too old or missing


165 :山崎 渉:03/07/15 11:17

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/07/24 16:09
PSの印刷については、ここが参考になったyo。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/5419/

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/07/29 22:29
http://homepage1.nifty.com/m-inage/mac/

の方法でnetatalkを動かしているサーバに繋いだDeskjet990を
HP純正ドライバを使ってLAN上のmacから印刷できるように
なっていた。OS9時代ね。

でもOSXになって、この方法ではMacからプリンタが見えなく
なった。HP純正のDeskJet300XならOSXでも使えるらしい。
Netatalkで何とかならんかなー。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/07/29 22:57
CUPSでは駄目なのか?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/07/30 00:36
HPのMac用純正ドライバを使いたいんす。
やっぱ綺麗だし。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/08 18:04
test

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/11 23:13
test

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/17 05:17
だよもん...

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/24 02:13
http://with2ch.net/cgi-bin/test/read.cgi/live/

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/24 02:14
http://24h.musume.org/cgi-bin/test/read.cgi/live/1061217744

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/24 20:28
さぁ、ひっそりと盛り上がれ

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/24 22:07
AFP3のサポートまだかなぁ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/26 04:01
とりあえず、落ちそうなんで保守。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/26 21:51
マルチになっちゃうんですが、netatalk専門のスレがあったので。
netatalk-1.6.3.1で教えてください。
FreeBSD4.8にいれて共有しようとしているのですが、
共有したいフォルダに、たとえば「A」が初めてアクセスし、
.AppleDBと.AppleDoubleが「A」のオーナーで作られると、
あとで同じ共有フォルダに「B」がアクセスしようとしても、
見ることができません。
その共有フォルダや.AppleDBと.AppleDoubleをモード777でセットしても
だめでした。
.AppleDBと.AppleDoubleを消去して、「B」が最初にアクセスすれば「B」は
共有できますが、「A」ができなくなります。
netatalk-1.4のときディレクトリのパーミッションを変えてやれば、
それでうまく行っていたのです。なにか変更されたのでしょうか?

よろしくおねがいします。


179 :16:03/08/27 08:37
同居人がOS Xに移行したので、netatalk自体入れなくなって久しい。
それでもこのスレはオチしてます。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/27 17:06
FreeBSDでnetatalk-1.6.3,1を使っているのですが、
shutdownやrebootしようとした時に必ずクラッシュします。
これってドライバ側の問題なんでしょうか。

↓出るメッセージはこんな感じです(画面に入りきってないから上は不明)
stack pointer = 0x10:0xcceafc3c
frame pointer = 0x10:0xcceafc50
code segment = base 0x0, limit 0xfffff, type 0x1b
= DPL 0, pres 1, def32 1, gran 1
processor eflags = interrupt enabled, resume, IOPL = 0
current process = 13 (swi7: clock)
trap number = 12
panic: page fault

syncing disks, buffers remaining... 2181 2181

Fatal trap 12: page fault while in kernel mode
fault virtual address = 0x24
fault code = supervisor read, page not present
instruction pointer = 0x8:0xc01e4acb
stack pointer = 0x10:0xccebec88
frame pointer = 0x10:0xccebec9c
code segment = base 0x0, limit 0xfffff, type 0x1b
= DPL 0, pres 1, def32 1, gran 1
processor eflags = interrupt enabled, resume, IOPL = 0
current process = 26 (irq11: vr0)
trap number = 12
panic: page fault

181 :180:03/08/27 23:46
レス付かないけど書き方が悪かったのかな。

何を書いていいか分かりませんけど、
atalkdが立ち上がってるときにrebootした場合だけ起きます。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/28 05:10
/usr/local/etc/rc.d/netatalk.sh は使っていないのか?
というか
# /usr/local/etc/rc.d/netatalk.sh stop
したらどうなる?

183 :180:03/08/28 13:29
>>182
その場合も同様です。
100%ではありませんが、高確率で>>180のメッセージが出て止まります。
何もおきずに無事デーモンが止まってくれる場合もあります。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/28 14:24
portsからビルドしなおしてみれば?
/etc/make.confは?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/28 15:10
>>184
今は書き換えちゃってあって元を覚えてませんが、
インストールしたときのままで、何も書いてなかったと思います。

そのときから既にpanicは起きていたので
今make.confを書き換えてあることは原因ではありません。

とりあえずクリーンビルドしなおしてみます。

186 :180:03/08/28 15:23
netatalkを入れなおしてみましたが、
やはり落とすときにpanicってしまいます。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/28 16:15
RedHatでもFreeBSD4.8Rでもnetatalkを日常でヘビー使用しているけど。その手の現象は出ないなぁ。

・/usr/src/sys/i386/conf/以下のカーネルコンフィグ
options NETATALKまわりとか。
もしGENERICを使っているならdmesgをみてカスタムカーネルにしてみるとか。

あと
・マザーボード
・メモリ
も怪しいかも。
memtest86を一晩走らせてエラーが出るかどうか見るとか。

188 :180:03/08/28 16:24
カーネルコンフィグはoptions NETATALKを足して、
使ってないものをコメントアウトしてあります。

ずいぶん前から我慢して使ってるのでGENERICに
options NETATALKを追記しただけの状態で
試したことがあったかは記憶にありません。

memtest86を動かすにはFDドライブが必要ですよね?困ったなぁ。

GENERIC+NETATALKで試してみます。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/28 17:36
memtest86はCD起動が出来るのならCD-RだけでOk



190 :180:03/08/28 17:48
GENERIC+NETATALKで試したら、
GENERICにデバッガが入ってるので最初のメッセージで止めてくれました。
何かのヒントになるかもしれないので書いておきます。

# /usr/local/etc/rc.d/netatalk.sh stop
#

Fatal trap 12: page fault while in kernel mode
fault virtual address = 0xdeadc0de
fault code = supervisor read, page not present
instruction pointer = 0x8:0xc0392650
stack pointer = 0x10:0xd1a20a50
frame pointer = 0x10:0xd1a20a50
code segment = base 0x0, limit 0xfffff, type 0x1b
= DPL 0, pres 1, def32 1, gran 1
processor eflags = interrupt enabled, resume, IOPL = 0
current process = 506 (atalkd)
kernel: type 12 trap, code=0
Stopped at strlen+0x0: cmpb $0,0(%edx)
ab>

191 :180:03/08/28 17:52
>>189
そうか。CD-Rか。ありがとうございます。

>>190を打ち込み終わって見直してみたら思ったのですが、

fault virtual address = 0xdeadc0de

って、アドレスが*Dead Code*って読めますよね。
偶然なのか、ジョークなのか、はたまたウィルスなのか。

192 :180:03/08/28 18:53
0xdeadc0deについてはぐぐったら出てきました。
多分NULL pointerの代わりみたいなものなんですね。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/08/28 19:24
DEADBEAF

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/25 17:43
RedHatLinux7.3+netatalk1.6.3+eucsjis160.patchにて運用中の
サーバに、ホットフォルダ機構を儲けたいと思っています。

ホットフォルダというのは、そのフォルダにファイルを投げ込むと、
そのファイルに適当な処理を自動的にして処理済みフォルダに
移動するものです。
今回は、フォルダにファイルが投げ込まれると、
smtpをしゃべってmail飛ばすつもりです。

当方Perlが使える程度なので、フォルダの監視を、
cronで30秒毎perlスクリプトを起動
perlスクリプトでls -alして記録、前回の記録と比較し、
・新しくできたファイルは転送中
・ファイルサイズが増加しなくなったものは転送終了→処理対象
というアルゴリズムを考えたのですが、
MacOS9などの古いOSでは、最初にファイルサイズを確保してしまうので、
うまく動きません。

何か代わりのアイディアを思いつく方、または、UNIXではこんなdaemon
やsoftwareがあるからこれつかえ、などありましたら、
ご教示願いたいと思います。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/25 19:00
man find


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/25 20:16
194です。

find . -type f -amin 2 -maxdepth 1

で、転送終了後1分後に表示され、2分後に表示されなくなりました。
cronで1分毎に実行するさい、
確率的にタイミングが合わない部分はあるかもしれませんが、
とりあえず目的のスクリプトが書けそうです。
ありがとうございますた。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/08 11:34
Redhat7.3に1.6.2-eucパッチのRPM版いれてるんですが、
MacOSXで使っていると、ファイル名と内容が突然一致し
なくなったり、ファイルのアイコンがエクセルになったり
するんですが、対処法ってないですかね?

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/08 12:50
>>197

samba 使うってのは、だめでつか?





199 :197:03/10/09 09:12
>>198
>samba 使うってのは、だめでつか?

MacOSXからsambaで繋ぐと文字化け・・・
作業ちうの膨大なファイル君たちのファイル名が日本語なもんで。

いまさら、社内に日本語ファイル名使うな!とも言えないし。


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/09 10:06
>>199
クライアント側にDAVEを仕込むとか…本末転倒だな。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/09 18:27
>>197
OS Xって10.2.x ?

10.1.x時代、私のところだと、Netatalkとの接続が安定しなかったことがあったよ。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/10/10 08:05
OS Xのsmb接続がShift_JISを使ってくれないから日本語はダメ。
DAVEは使ってくれる。
UTF-8というかMS-CP932でファイル名をやりとりするばあいはSamba3でサーバーにしないと。
つまりPantherね。



203 :197:03/10/13 17:39
>201
そうです。10.2です。
>202
ってことは、パンサー待ちでつかね。
netatalkのバージョンアップ気長に待つのも疲れたし・・・

204 :180:03/10/18 21:24
>>187で言われていたmemtest86もやってみたのですが問題も無く。
あー、なんでかなぁ。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/12/08 12:05
1.6.4出てまつね


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/15 03:48
1.5.3つかってましたが、OSX10.3で接続できないため、1.6系入れようとしたところ、
以下のようなコンパイルエラーが続出どうしたらいいんでしょうか。
ぐぐると、同じっぽいエラーについて書き込みあるロシアの掲示板ひっかかるけど、
タイトルだけで中身がみれない。。
環境は、TurboLinux8WSです。
1.6.1と.1.6.4はためしました。。

file.o(.text+0x24b8): the use of `mktemp' is dangerous, better use `mkstemp'
../../libatalk/.libs/libatalk.a(cnid_add.lo): In function `add_cnid':
cnid_add.lo(.text+0x156): undefined reference to `txn_abort'
../../libatalk/.libs/libatalk.a(cnid_add.lo): In function `cnid_add':
cnid_add.lo(.text+0x2c5): undefined reference to `db_strerror'
cnid_add.lo(.text+0x355): undefined reference to `db_strerror'
cnid_add.lo(.text+0x415): undefined reference to `db_strerror'
cnid_add.lo(.text+0x464): undefined reference to `db_strerror'
../../libatalk/.libs/libatalk.a(cnid_delete.lo): In function `cnid_delete':
cnid_delete.lo(.text+0x114): undefined reference to `db_strerror'
../../libatalk/.libs/libatalk.a(cnid_delete.lo)(.text+0x1e2): more undefined ref
erences to `db_strerror' follow
../../libatalk/.libs/libatalk.a(cnid_open.lo): In function `cnid_open':
cnid_open.lo(.text+0x33a): undefined reference to `db_env_create'
cnid_open.lo(.text+0x360): undefined reference to `db_strerror'
cnid_open.lo(.text+0x459): undefined reference to `db_strerror'


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/26 01:31
BP6というDual CeleronのマザーにFreeBSD4.9Rと1.6.4入れて使いはじめた者です。
SMPのコメントを外してoption NETATALKを加えてカーネルをコンフィグしています。

この状態でOS X10.3.2のMacからFreeBSDへコピーすると非常にコピーが遅くて悩んでいます。
GENERICカーネルにすると、満足できるスピードが出ます。

Samba2.2.8を入れて試してみたところ、GENERICカーネルでもコンフィグしたカーネル
でも満足できるスピードが出ます。

更に試しに4.8Rもインストールして試してみましたが、そちらでも4.9Rのときと同じ状況でした。

また、2.0alpha1も試してみましたが、結果は1.6.4と同じ。1.6.3.1でも同じでした。

SMPでの使用を考えなければ、とりあえず解決するのでしょうが、何とかSMPの環境でも快適に使えないものでしょうか。

何か良い解決方法をご存じでしたら、ご指導ください。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/26 01:47
>>207
> 何か良い解決方法をご存じでしたら、ご指導ください。

「ちゃんと」SMPに対応したOSを使う。
に一票。


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/27 05:03
options DEVICE_POLLING
options HZ=1000
とか?
あとAppletalk over TCP/IPじゃないと転送速度はダメっぽい

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/27 13:02
SMPだとPOLLINGは使えねぇか。

211 :207:04/01/27 13:06
>>209

ご指導ありがとうございます。
当方の使っているNICはdeドライバで動作するもののため、どうやら
ダメなようです。
先の投稿でNICのことも書いておくべきでした。申し訳ありません。

その後vrドライバで動作するNICに挿し換えてみましたが
結果は変わりませんでした。

いつまでも古いマザーに固執しないで、新しいマザーを買った
方が手っ取り早いのかもしれませんね……

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/01/27 21:26
あー。deは駄目だよ。Macと相性悪い。実証済み。
xlかfxpに交換したら、全然問題ない転送速度が出る。
今だったらemでも良いけど。

他のは使ったこと無いから知らん。

213 :207:04/01/27 22:18
>>212

ナ、ナント!!
deがダメだったのですか……

早速fxpのNICを手配して試してみます。

結果はまた改めて報告します。


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 12:04
RedHat8にnetatalk1.6.4をソースからコンパイルして
動かしています。
このサーバをMacOS10.3.2からafp経由でマウントすると
.DS_Storeが作られるわけですが、文字化け?して:2eDS_Store
となってしまい、このディレクトリをMacOS8でマウントすると
おかしくなります。:がついたファイルがあるせいだと思うのですが、
これは、euc-patchで回避できる問題なんでしょうか。
eucパッチに関してぐぐると、日本語ファイル名云々という記事には
よくあたるんですが、、、初歩的だとは思うのですが、ご教示
いただけると幸いです。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 18:35
まずconfigureの引数を書きましょう。
--with-did=cnid
かな?

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/13 22:36
ありがとうございます。

とりあえず、
#make uninstall
#configure --sysconfdir=/etc --with-did=cnid
#make
#make install

とやってみましたが、どうもダメなようで、相変わらず
:2eDS_Storeができてしまいます、、、
OSXからはsamba経由でマウントすればとりあえず使える
んですが、できればAppleshareでマウントしたい、、、、、

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 03:24
>>216
ttp://www.kitokitonet.ne.jp/〜seiji/mac/linux-de-server-9.html
を参考に、もうちょっとコンパイルオプションを増やしてくれ。
--enable-redhatもね。

218 :Kernel2.4.24:04/02/14 22:14
Plamo3.3(Kernel2.4.24で再構築)、netatalk-1.6.2をインストール。セレクタ->AppleShare
でサーバを選択して「OK」を押した途端、「No reponse from server. Please try again.」
となってしまいます。しかし、サーバのIPアドレスを入力すれば、問題なく繋がります。
何が悪いのでしょうか。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/14 23:55
>>218
Appletalk protocol support 入れてる?

220 :Kernel2.4.24:04/02/15 09:27
>>219 カーネル組み込みで入れてます。

221 :216:04/02/16 11:44
えっと、doc/INSTALLとか件のページとか参考に
あれこれやってみましたが、やはり:2eDS_Storeが
できてしまいます。
くだんのページの通りだと、
./configure --sysconfdir=/etc --with-did=last --enable-redhat --with-pam --with-shadow --with-ssl-dir=/usr/lib
ですが、ダメでした。
.DS_Storeが:2eDS_Storeになる、という話はぐぐると
けっこう出てくるのですが、、、、CAPの問題が云々と
か、正直いまの私にはついていけんので、も少し勉強します。


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/17 23:26
クソ名前解決のクソ壷にクソはまってクソ身動きができなくなるクソ前に、
理性的に Mac を捨てるよう説得するほうがいいと思った。
動いてるときはいいけど動かなくなったときがわけわからん。SMB より
ひどい。市ねって感じ

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 00:14
2.0-alpha使っている人がいたら、感想教えてほしいです。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 01:12
>>222
そして OS X 搭載な Mac を買ってもらうのですね :^)

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/18 07:11
>>222
頭の動かない人にAppleTalkは動かせません。
そんな貴方は素直にSMB使ってなさい。


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 18:05
そんなバッドノウハウに頭使いたくない

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/19 23:43
>>226
「ノウハウ」なんて言うレベルの事でも無いんだけどなぁ。
普通にDDP使うか、asunであればOver TCP/IP使うだけだから何も考える必要ナシ。
そもそもアタマ使う余地も無いってのに、何に頭を使おうとしているんだが。
もし >>218=220=221=222 氏だとすると、なんかとんでもない勘違い(見当違いな事)をしているように思える。

物理的に違うNetworkに属していて、AppleTalkをRoutingする等高騰な事をしているのでなければ、素直にDDPで接続出来るハズ。
これが出来ないとしたら、netatalkを動かそうとしているOS側の問題が大きいと思われる。
もしくは、BuildされたBinaryが正しく無いのか、Install方法(手順)が間違っているのか。

最後のアドバイス。
Mac/Winの同居(共有)を前提とするなら、samba + netatalkではなくWindows系ServerのFile Server for Macintoshなりを使うか、Mac OS X(もしくはOS X Server)を使った方が「安全」な上に「確実」ね。
スレの趣旨には合わないけど。

それじゃなかったら、最初っからsambaとnetatalkが動いているLinkStationでも使ってなさい。
MontaVista Linux上で動いているけど、組み込み系で機械自体が小さいから取り回しも楽だし、手を入れればLinux Box化する事も出来るし。
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/hard/1076483913/l50

素人さんがServer系に手を出してもロクな事がない。


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 04:01
File Server for Macintoshとか言っている時点で、実際にMacとWinを共存させた経験が無いことがバレバレだよな。

まぁ結論には同意するけど。ちょっと知ったかぶりしすぎ。

229 :227:04/02/20 04:25
>>228
>実際にMacとWinを共存させた経験
NT3.5(大昔)〜NT4S(一昔前)〜2000SV(現役)と一通り有りますが、何か?
OS Xに完全移行してからはafpより直接smb叩く様になってるけどね。
それよりも(環境さえ許せば)OS X側でWindows共有した方が楽だってのも有るし。

2003はまだ試してないからよーわからん。
少なくともsamba+netatalk環境よりは問題が少なくて済む事は確実。


230 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 06:42
>NT3.5(大昔)〜NT4S(一昔前)〜2000SV(現役)と一通り有りますが、何か?
>OS Xに完全移行してからはafpより直接smb叩く様になってるけどね。
あれ?
netatalkの運用は?
そしてトラブルが出たときにどう対処したの?
oplocks関係とかkernel oplockとnetatalkの共存はどっちを重視したの?

AppleFileServer.appを使えば出来るって。
そりゃSolarisでTASを使えばoplocks関係を気にしないで共存できますよ。値段はかかるけど。
って言っているのと大差がないような。

netatalkの話をしようよ。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 13:45
netatalkはeucパッチが必須だと重いまーす

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/20 14:42
>トラブル
毎度お馴染の「ファイル名問題」じゃないの?あとは「リソースフォーク問題」
ところで藻前ら、ここら辺どう解決してます?

>eucパッチ
UTF-8の扱いってどうなってるっけ?


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/02/21 06:01
utfはnetatalk2.0からiconvでサポート。


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 15:14
netatalkの.AppleDouble以下にできるファイルと ._hoge ってファイルの書式違うの?
.AppleDouble以下のファイルを._hogeにしただけじゃダメみたいなんだけど。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/02 15:58
moge

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/08 23:22
はじめまして〜

MacOSX(10.2〜10.3)を本格的に使用し始めました(もちろん仕事での話)。

で、今までOS9+Win2000がメインで使ってたNetatalk+sambaファイルサーバにOSXでアクセスしたら

フォルダの中のファイルが違う
フォルダの中のアイコンが違う

というトラブルが多発してます。.DS_Store(リンク情報とかファイル情報とかかね?)がCAPエンコードされて:2eDS_Storeとなるのが悪いのかなぁ?

解決策あるのでしょうか? あれば努力してみます。なかったらWin2000Server+Mac共有で逃げるか・・・うーむ。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/09 11:06
OSXから何でアクセスしたの?NFS?Samba?AppleShare?

238 :237:04/03/09 11:08
netatalkスレなのでAppleShareなんだとして、OSXだとアイコンやコメントデータは
リモートのを使わないみたい。

239 :236:04/03/09 20:40
>>197さんと同じ状況です。

OSXからAppleShareでアクセスした場合です。

もちろん、OSX10.1〜10.3全てダメです。アイコンが替わるだけならいいのですが、ファイル名も代わります。

例えばOS9から正常な状態でイラストレーターのデータだったものがOSXでは画像データになってしまいます。

どちらかというと別のファイルへのシンボリックリンク状態(例えです)です。

AフォルダとBフォルダの中身が入れ代わったりしてばらばらです。もちろんOSXだけの問題で、WindowsやOS9からは何の問題もありません。

Netatalkは1.5.x(RPM版)でしたので、1.6.xをソースコンパイルしようかと考えてましたが、>>197さんは1.6.xなのでこれでも同じのようですね。

ベータリリースの2なら改善されているのかなぁ・・・非常に気に入ってるものなのでなんとかして欲しいんですよね。

来年、社内のMacクライアントの9割がOSXメインになる方向です。Netatalkがこの問題を放置したままだと、Linuxでのファイルサーバは全てダメダメになってWindowsサーバに切り替えるしかなくなります。せっかくWindowsサーバをLANから駆逐したのにそれは避けたいw

OSXServerも考慮していますが、OSXServer1.0から1.2までさんざん辛い思いしたのでたぶんXServerは導入しないと思います。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 10:45
RPM素のままでですよね?うーん、そういう症状でたことないなぁ。
フォルダの中身が入れ替わるとかだとDIDとかCNIDとかが変になっているのかなぁ。

> 正常な状態でイラストレーターのデータだったものがOSXでは画像データに
がファイル名が変わるということなの??もう少し詳しく教えてくれくれ


241 :218:04/03/10 11:37
>>218 >>219 >>220
>「No response from server. Please try again.」
Intel845チップセットでこの現象が起こり、昔のSocket7(430HXチップセット)-3C509又はNE2000系では起こりません。
なんで、なんで、どうして...??。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 12:06
TCP/IPのみの設定になってない?

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 13:31
同じLANで2台のサーバにnetatalkを入れました。クライアントから2台のnetatalkに同時に接続出来ません。
hogehoge1 192.168.10.10 /share/data1
hogehoge2 192.168.10.11 /share/data2

hogehoge1の共有フォルダ/share/data1をマウントさせた状態でhogehoge2にアクセスするとhogehoge1に転送されるような感じです。

1)_hogehoge1をマウントした状態でセレクタからIPアドレス192.168.10.11を打ち込む。
2)_共有ディレクトリが表示される所に、/share/data1がグレー表示されている。/share/data2は見えてない。

atalkd.confがルータの設定になっているか確認したところ何も設定は記述してません(オールコメント=デフォルトのまま)。

試しに2台のatalkd.confをeth 0と記述しても同じでした。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 14:04
両方のサーバでnbplkupとhostidしてみて。なにか重複してるのかも。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 14:43
>>244様 ありがとうございます。

両方のサーバでhostipが重複していました。
両方とも7f0100となっています。

このコマンドはお恥ずかしながら初めて知りました。ちょっとgoogleってきます。

246 :245:04/03/10 16:01
hostidを変えることは出来ませんでした・・・

キーワードが全然出てこないっす。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 16:32
hostid netatalkでぐぐれば似た事例とか出てくると思うが…
/etc/hostid とか /etc/hosts あたりで変えられたような。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/10 16:35
http://www.tech-arts.co.jp/macosx/macosx-jp/htdocs/10100/10141.html
これが参考になるかな?

249 :245:04/03/10 17:16
hostipのみでググってました・・・

おかげで解決しました。どうもありがとうございました!

結論:サーバ名からドメインを取ったらOKになりました。


250 :236:04/03/10 22:50
>>240 アプロダにupしておきました。
http://v.isp.2ch.net/up/ff1fe8dc1a34.gif

これはそんなにひどくない例で、実際はもっとぐちゃぐちゃします。
OS9から見た場合が正常です。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 10:27
実際にファイルを開いても別内容になります?アイコンだけが変わってる?

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 12:42
>>251
実際にファイルを開くと正常です。別内容にはなりません。
見てくれはイラストレーターファイルなのに実際はクォークファイルの時もダブルクリックでクォークが開いてます。
ファイル情報までは狂ってないってことですよね。




253 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 12:53
補足:そのまま保存する時は、正しい場所にあるデータの位置にそのまま保存されます。

つまり、OSXだと「見た感じが変な」だけみたいです。それでも困るんすが>OSX

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 18:05
うちも同じような症状に見舞われたことがあり、
解決策が分からなかったので、それ以後、OSX
からは samba で接続するようにしてる。
ちょっと遅いような気もするが、少なくとも
その問題は回避できる。 samba を使いなはれ。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 21:23
sambaだとDTP用途では不安だよなー

256 :236:04/03/11 21:53
netatalkの2で直ることを祈りつつsambaまたはWinのMac共有でお茶を
濁すしかないですね…

英語堪能な友人がいるので開発者に投げてみます。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/12 00:02
>>255
へぇー、そうなのか。
そりゃ知らなんだ。
じゃあWebDAVかな。

258 :251:04/03/12 12:12
うーんconfigureのオプションを --with-did=cnid にしてみては…
今いじってるのが1.5系なのでこのオプションがexperimentalなので試してはいないけど。
1.6系、2.0系ではどうなのかな?
でもOS9で問題ないのなら関係ないか…もう少し調べてみます。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 10:52
・「情報を見る」でファイルタイプとクリエーターを確認すること。
/etc/AppleVolumes.systemに拡張子とのマッピングが無かったりしないか?
・RedHat系のビルドオプションはhttp://www.kitokitonet.ne.jp/~seiji/mac/index.htmlを確認すること
--with-tcp-wrappers --with-mangling --with-did=cnid --with-pam --with-shadow --with-flock-locksとか
・FreeBSDのnet/netatalkだと特にトラブルは無い上にmake installだけで一発インストール可能。おすすめ


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 23:26
netatalk-2.0-alpha2をインスコ中に

Make sure you have the Berkeley DB libraries AND headers installed.
You can download the latest version from http://www.sleepcat.com.
If you have installed BDB in a non standard location use the
--with-bdb=/path/to/bdb configure option.
configure: error: Berkeley DB library required but not found!

と出たのでBerkeley DBをインスコ

./configure --with-bdb=/usr/local/BerkeleyDB.4.2

とやったら

checking for Berkeley DB headers in /usr/local/BerkeleyDB.4.0//include/db4... no
checking for Berkeley DB headers in /usr/local/BerkeleyDB.4.0//include... yes
checking db.h usability... yes
checking db.h presence... yes
checking for db.h... yes
checking Berkeley DB version >= 4.0... no

4.0がいるのかよ? と思いつつBDB4.0もインスコ

./configure --with-bdb=/usr/local/BerkeleyDB.4.0

同じエラー_| ̄|○


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/13 23:31
上 コピペ失敗
  /usr/local/BerkeleyDB.4.0//  正 /usr/local/BerkeleyDB.4.2/



262 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/16 03:19
大なり小なりの意味が理解できないと(netatalkをコンパイルするのは)難しい

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/18 23:54
OSXでアイコンやら名前やらが変になって困ってる香具師。

ソースビルドせよ。直ったよ。

./configure --with-did=cnid
最低限これだけは入れとけ。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 10:27
2.0系はどうよ?

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/25 21:54
なにげに2のベータが出てたね。

ところで2は1と同じ設定の書き方でゲスト共有出来てる?
共有ディレクトリがグレーのまま選べないのだが・・・

アレと思って共有ディレクトリのパーミッションを確認したらちゃんとnobody:nobodyだったが・・・


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/26 22:40
>>265
それ以前にマウントボリュームにリストアップされない。
RH9で最低オプション
./configure --sysconfdir=/etc --enable-redhat
でやってみた。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/27 00:46
>>266
フツーにユーザログインの共有ディレクトリはOKなんだよな?
ゲストのみいかねぇ・・・ 記述が1系とは変わったのか???

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 14:45
最近のバージョンではext3問題は解決してるの?

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/30 23:38
>>268
それはどんな不具合のコトですか? 初耳ですた。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 00:19
netatalkを使っていて、共有フォルダをMac(OS9や8)で
アクセスするとたまにフォルダ配下が見えなくなってしまいます。
そのフォルダにある.AppleDBを無くして再度接続しなおせば
また見えるようになるんですが、、、
この現象を解決する方法ってあるのでしょうか?


271 :268:04/03/31 09:50
大量のファイルをコピーすると-50エラーが出る。で、それがジャーナリングファイルの
ファイル属性の変更タイミング?のずれによって起こる、みたいな話がある。
本当にそれが原因かは俺もよくわからん。開発のメール読んでもその後の展開が
ないし、CNID問題が本当の原因なのかもしれん。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 11:11
>>268
それは参考になった。ありがとう。Netatalk2βをテストでインスコしてあるので色々やってみるよ。

いまんとこインスコ絡みで起きてる不具合は
1.RedHatLinux9だと共有ディレクトリがグレーのまま選択出来ない。すなわち使えない。
2.VineLinux2.6だとBerkeley DBのディレクトリを環境変数に設定してafpdを起動しないと動かない。

テストで動かしているマシンのHDDが40Gなうえ遅い(イーサカードが10baseなもんで)インスコテストしかしてないや。


273 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 18:25
netatalk-2.0βのインストールについて日本語で解説してるページってまだない?
英語と地理はパスしたから、5行以上の英語の文章見るだけで鳥肌が立つ身体。
英語圏の国に生まれればよかった・・・

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 19:55
2.0ベータの日本語解説サイトはまだ見つけてないですね。てか、日本sambaユーザ会みたいに活発ではないし。
Netatalkの日本語ミラーサイトは全然更新されてないのでダメですな。

ま、ソースのREADMEを翻訳ソフトにぶち込んでじっくり読みますか。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 21:26
>>274
そうですか。
fedoraはデフォルトコードがUFT-8なので、fedora+netatalk2.0+osxでウマーって
とこなんですが...
翻訳ソフトで頑張ってみますか。
でも、photoshop=写真屋の世界だからなぁ。シュールで楽しいけど。

276 :274:04/03/31 23:28
>>275
doc/Netatalk-Manual.txt読むといいよ。
簡単な英語なんでインストール時の注意点が書かれてるから。
ここ読む限り、1.6系とはそれほどインストールは変わってないっぽい。

make installしたら

root# echo /install/path/lib >/etc/ld.so.conf
root# ldconfig

バークレーdbのパスをセットしろと書いてあるね。fedoraは触ってないけどRHNと同じなのかな?


277 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/31 23:35
270です。
この現象についていろいろ調べたのですが、解決方法が見つからずに
困っています。これは解決しない問題なのでしょうか?
どなたか何か知っていたらどんな事でもいいので教えて下さい。
お願いします。


278 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 00:06
>>277
Netatalkをどうやってインスコした?バージョンは?
ソースからならオプションは?

情報が出てないっつーのは全然その問題が発生してないのか、あるいは
インストした奴が実は活用してないのかのどっちかだw

オレはパッケージインストールで問題が起きた時、ソースビルドしたら直ったことがあったよ。
それ以降はずっとソースビルドしてる。


279 :278:04/04/01 00:14
http://www.tech-arts.co.jp/macosx/macosx-jp/htdocs/15400/15421.html
この辺にヒント転がってないか?

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 08:53
doc/Netatalk-Manual.pdf の方が読みやすいかも

Berkeley BD がない場合

db-4.0以上をダウンロードしてきて解凍
cd build_unix
../dist/configure --prefix=/usr/local/XXXX --with-uniquename
make
make install
echo /usr/local/XXXX/lib > /etc/ld.so.conf
/sbin/ldconfig

netatalkに戻って
./configure --with-bdb=/usr/local/XXXX --enable-redhat( redhatの場合)
make
make install

できるばずなんだけど
configureの段階で
BerkeleyBDのバージョンで引っかかるのはなぜ?

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 10:57
echo /usr/local/XXXX/lib > /etc/ld.so.conf だと上書きされてしまわないか?

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 11:36
書き込まれた日付を確認汁

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 11:40
ネタTalkかよ_no

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 12:33
>>281
たしかに 上書きされている。。汗
ヤバッ
何も考えずにマニュアルの通りやってしましました。
echo /ust/local/XXXX/lib >> /etc/ld.so.conf
が正解ですよね?



285 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 12:35
違います。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 13:40
パッケージという種類のファイルはnetatalk上ではディレクトリになるみたいだが
削除できなくなったりしない?

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 15:22
>>286
OSXでもディレクトリだけど...

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 15:26
>>280
サポートしてるBDBのバージョンは4.1.25までだよ。

289 :286:04/04/01 17:08
いま確認してみたら存在しないパッケージが作成されてたみたい。
1.OSXからフォルダごとnetatalkでlinuxへコピー
2.linux上のコピーしたフォルダをOSXからの操作で削除
3.パーミッションかロックでいくつかは削除できないとのエラー
4.何が削除できなかったかとフォルダの中を見ると、存在しなかったパッケージができてて
  これがOSXからの操作で削除できない。
5.パーミッションはOSXからもlinuxからも問題ない。

という感じ。1.6.4で、did=cnidっす。
で、消せないパッケージは元々はアプリケーションファイル。
OSXで見るとファイルの種類はアプリになってる。
んでも実際?はパッケージになっているようで、linuxで見るとディレクトリになっている。
で、削除にしくじった後でOSXで見るとファイルの種類がパッケージに変わっている。

290 :286:04/04/01 17:19
お騒がせすまん。パッケージの中のファイルにロックがかかっているみたい。
ファイルのパーミッションだけだとわからんかった。
デスクトップにコピーしてごみ箱へいれて、ごみ箱を空にするにしてやっとわかった。
パッケージ(になっているアプリ)の中のファイルってどうやって見るんだ?

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 19:13
>>290
osxのfinder上からってこと?
それなら、ctrl+クリックで「パッケージの内容を表示」

292 :286:04/04/01 19:19
ありがとうです。しかしパッケージの中にあるフォルダの中が見られん…
ぐぐった結果、Terminalから chflags nouchg で対処しました。Finderだけじゃ対応できないのかな

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/01 20:02
>>292
もう少しosxのお勉強してから書き込んでくれると嬉しい。

294 :278:04/04/01 23:46
>>268
Netatalk2.0βテスト

MacOS9からアップルスクリプトを作成してサーバにファイルをコピー+削除の繰り返しで48時間動かしてみた。
コピーしたファイルは一気に20GB分(6万ファイル)をコピー完了>削除>コピー再開の繰り返し。

結論からいうとまったくエラー起きずです。はい。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 00:05
このレスを参考にさせてもらって、Netatalk2.0βにチャレンジしました。
configureもmekeもスムーズに進み、atalkで起動してosxからログイン、楽勝・・・
・・・かと思ったらマウントするボリュームが空っぽ!
AppleVolumes.defaultではホームディレクトリ以外にも2カ所マウント指定していて、
同じ書式でNetatalk1.xではマウントできてます。
2.0になって設定方法に変更でもあるのでしょうか?
因にconfigureの設定はsysconfdir、with-ssl-dirのディレクトリ先設定と、enable-redhat
だけです。
ヒント等もらえたら助かります。

296 :270です。:04/04/02 01:38
>>278
インストールはソースからのインストールでバージョンは1.6.4です。
ただ、インストールしているサーバはSolaris8でした。
RHEL2.1(V3かも)でも同じ現象は出てしまいますが。。。
未だにこの現象(フォルダの中身が見えなくなる)が出てまして
どうにもこうにもなりません。。。



297 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 10:16
>>295
Netatalk Manual.pdfを読んで行くと
Chapter4-2-2 How to upgrede a volume to 2.0 ってのがある。
当方 BerkelerDBでひかかってまだインストールできでない…
ので検証できないので試してみてほしい。

あと、 configure --help 見てると a2bootってのがあるけど
netatalkってBootSaverになれるのかな?


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 12:54
>>295
RedHatLinuxとVineLinuxのソースインストールの違いはBerkelerDBのバージョン位しか思いつかない。
だって両方とも同じconfigureオプションでインスコしたからね。
Vineの方は4.1.25を入れたのが違い位。

これでインスコしてみそ?
# export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/BerkeleyDB.4.1/lib
# ./configure --with-bdb=/usr/local/BerkeleyDB.4.1 \
--enable-redhat --with-flock-locks --with-pam \
--with-shadow --with-tcp-wrappers --with-did=cnid \
--with-ssl-dir=/usr/lib
# make
# su
$ make install
$ ldconfig

ちゃんと動作してるよ。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 14:44
checking default DID scheme... cdb
checking whether default CNID scheme has been activated... yes
checking for Berkeley DB headers in /usr/local/BerkeleyDB.4.1/include/db4... no
checking for Berkeley DB headers in /usr/local/BerkeleyDB.4.1/include... yes
checking db.h usability... yes
checking db.h presence... yes
checking for db.h... yes
checking Berkeley DB version >= 4.0... no

Make sure you have the Berkeley DB libraries AND headers installed.
You can download the latest version from http://www.sleepcat.com.
If you have installed BDB in a non standard location use the
--with-bdb=/path/to/bdb configure option.
configure: error: Berkeley DB library required but not found!

バークレーは 4.1.25 と4.2.52 両方とも入れたけどだめでした。

export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/BerkeleyDB.4.1/libもしてみました。
Redhat 9 ですなぜでしょう?
自宅のYellowDog3.0.1はすんなり入ったのになぁ



300 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 15:14
./configure --with-bdb=/usr/local/BerkeleyDB.4.1
はやってある?

それでconfigure通ったけどなぁ。

301 :300:04/04/02 15:25
念のため

make clean

してから再度./configureを行ってみそ。

302 :300:04/04/02 15:40
>>270
Netatalkは1.6からマウントポイントに.AppleDBを作るので、こいつが何かの拍子に壊れてしまったんではないの?

.AppleDBを消すと直るっていうしね。

303 :300:04/04/02 15:43
ついでに
http://www.nona.dti.ne.jp/~shuten/trylinux/015_netatalk2/netatalk2.html#atalk_permission
ここの「ディレクトリがからっぽ」トラブルのことでは?



304 :295:04/04/02 15:59
>>297,298
情報サンクス!
一度、netatalk 1.x でマウントしたボリュームって、コンバートしないと駄目なんだね。
':2eDS_Store' 等のnetatalk 1.x関連ファイルを削除したら、ボリュームがでてきました。
情報が少ないから、なにかと難しいねー。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 16:53
>>299です。
解決しました。
結局,Redhatより
db4-4.0.14-20.i386.rpm
db4-devel-4.0.14-20.i386.rpm
をRPMを拾ってきて。
インストールしたらすんなりいきました。
お騒がせしました。
この場合は、 --with-bdbオプションなしで OKみたいです。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 16:58
Netatalkを活用するユーザってのは一握りだからねぇ。。。
寂しいもんですよ。sambaのあの活気と比較すると。。。。。。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 17:29
で、 make install までたどりついたわけだけど
ファイルの文字コードは今まで1.xで使って来た
CAPまんまで OKですか?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 17:39
>>307
オレはcapのまま運用してるよー。
samba+netatalkのみだから。
nfs使うならeucパッチ当ててeucで運営してもいいけど、トラブッてるのでw

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 17:47
>>307
オレも CAPのまんま運用したいんだけど、
Netatak-Manual読んでると、
How to use a 1.x CAP encoded volume with 2.0に
afpd:
- -transall -maccodepage:MAC_CENTTALEUROPE

AppleVolumes.default:
/path/to/share "1.x volume" adouble:v1 volcharset:ASCII

の様な例が書いてあるんだけど、みんなどうしてるのかなと…

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 18:18
テストで使ってるけど不具合はイマんとこゲストログインが出来ない位だよー。


あと、共有ディレクトリをマウントさせる時、パスワードを間違えると

AppleShareシステムエラーが起きました。

と出るな。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/02 19:40
ン、2.0ってそのままではシンボリックリンクが使えないの?

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/03 17:48
>>309
うちはEUCで運用してたので、

~ volcharset:eucJP

こんなんしてみた。iconvで変換しているのって便利だね。

313 :270です。:04/04/04 04:33
>>302
>>303
確かに.AppleDBを消すと見えるようにはなるのですが、その壊れる
原因が何なのかわからずに困っています。
303で教えて頂いたページも見てみたのですが、パーミッションは
ちゃんと設定されているようなのです。。。
これはnetatalkの潜在的なバグなのでしょうか?


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 17:47
>>313
でも、そういったトラブルなく使えてる人も多いよ。
環境によるんだろうけど...
netatalkのバージョンを変えてみては?
あと、オレの環境ではRPMでまともに動いた試しがありません。
(netataokが普及しない要因のひとつだったりしてね w)

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 23:18
>>313
ディレクトリを深い階層まで掘ってる?
ログになんか壊れる理由のメッセージとか出てない?

こっちではまったく問題ないよ。

あとさ、AppleVolumes.defaultのドットファイルの設定はどうなってる?
options:usedots とかやってるの?

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/04 23:25
>>314
RPM作った奴ってさ、ちゃんとテスト出来る環境もってなかったんじゃない?
MacOS7.6〜OSX10.3.3までバージョンバラバラのMacクライアントがNetatalkのファイルサーバにアクセスする環境がないと不具合が見えてこないかもなぁ。
オレも最初はRPMの口だったけど、ソースコンパイル時にチューニングしないとまともに使えないや。


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/05 09:37
2.0βのdoc/htmldocsにあるmanのhtmlファイルを読んでみました。

なんか機能増えてますよねー。英文なのがちとつらい・・・これだけあると機械翻訳するだけでもつらい。
地味に読んできますか・・・



318 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/08 10:18
AppleDBが壊れる原因に複数ユーザによる操作とか、同時操作とかがなかった?

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/08 14:10
Fedora にて
netatalk2&samba3を使用
これでWindowsXP、MacOSX、Fedora
全てUTF-8で統一できました。めでたしめでたし
なのだろうか?

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/08 14:34
その場合、全角チルダとか一文字の「財団法人」とかは各OSでどう表示されます?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/08 17:33
>>全角チルダとか一文字の「財団法人」とかは各OSでどう表示されます?

一文字の「財団法人」
OSX-->Fedora
netatalk2  普通に扱える
samba3   一見普通に扱えるが削除ができない

Fedora 財団法人の先頭に空白スペースが入って全角の財団法人
Windows ・財団法人

全角チルダは問題なし

netatalk側では普通に扱えるがsamba側で問題が出そうですね。

322 :270です。:04/04/09 00:58
>>315
ログにはいろいろ出てるようなのですが、直接何かがわかるようなものは
なかったと思います。また、AppleVolumes.defaultにはシェアするフォルダ
を指定しているだけで、それ以外は設定されていません。

>>318
フォルダに対しては、複数の同時アクセスが発生しています。
また、扱うデータ容量も大きいものがあります。

1.4.2bとかにバージョンダウンして.AppleDBが作成されないバージョン
にするほうがいいのでしょうか。。。


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/09 10:10
これかな?
ttp://sourceforge.net/tracker/?group_id=8642&atid=108642&func=detail&aid=677104

2.0で直る予定?

324 :270です。:04/04/15 00:48
>>323
おそらくこれの事だと思いますね。
いろいろ設定はしてみたのですが、結局今も頻発しています。。。
結局、netatalkのバージョンを1.4b2+asunにしてみようと思い、
Solaris8(64bit)とnetatalk1.4b2+asun2.1.4の組み合わせで
セットアップするとmakeからうまく動作してくれません。。。
64bitカーネルを作るようにmakefileは編集しているのですが
いろいろとerrorが出てしまいます。(gccも対応してるものです)
上記組み合わせでのインストール時の注意点やインストール手順
があったら是非教えて下さい。よろしくお願いします。


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/17 13:02
FedoraCore1で1.5.5をRPMインストールしてみたのが、
MacOS X 10.3 の「サーバに接続」からafp://domain.comのように
ドメイン名でアクセスするとafpdがハングアップするんですが。
Vineなら問題ないんで、FedoraCore1のEtherTalkの問題?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 13:25
2.0のOSXタイプのリソースフォークファイルにすると、OS9ではFinder情報とか
コメントとかファイル日付け情報とかはどうなるの?

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 15:59
Netatalkサーバにアクセスすると、Macがネットワークボリュームをマウント
した瞬間に接続を切られる状況が発生してしまったんだけど、考えられる原
因って分かりますか?

どれから手をつけようか判断に迷う状況です。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/22 16:35
自己解決です。

.AppleDB
.AppleDesktop
.AppleDouble

この3つのドットファイルを削除したら直りました。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/23 16:45
RH9で1.6.4使ってます。
Netatalk側で hogehoge を共有ディレクトリにして、
OSXのTerminalから

% ls -al /Volumes/hogehoge/foofoo/ > /Volumes/hogehoge/barbar.txt

ってやるとOSXが固まるんですがなにかわかります?
Terminal上で マウント先同士を読み書きするようにすると固まるッぽいんですが。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/24 15:14
>>329
やってみたけど別に固まらないよ。
同じRHL9と1.6.4。OSXは1.3.3だけどね。

設定が悪いんじゃない?

331 :329:04/04/26 09:49
固まりませんか…
あ、ちなみにOSXは10.1と10.2です。

332 :329:04/04/26 16:29
追記 TCPだと大丈夫でした。DDPはダメでした。

333 :329:04/04/26 18:10
追記 10.3だと大丈夫でした。10.2までの問題なのかな…

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/27 12:38
あれ? OSXとnetatalkの場合、DDPでアクセス出来たっけ?
記憶違いならすまん。

335 :329:04/04/27 13:13
afpd.conf で -notcp オプションでddpオンリーになりますよ。
-transall(デフォ)だとafp:/at/でつなげてもtcp接続になるようです。

336 :270です。:04/04/28 01:47
Solaris8(64bit)とnetatalk1.4b2+asun2.1.3の組み合わせで
make〜make kinstallまではなんとかクリアし、デーモンも
起動したのですが、MacOS9からはセレクタでサーバまでは
見えるのに、ゲストでログインしようとするとエラーで
ログインが出来ません。
なんとか.AppleDBを使用しないバージョンで動かしたいのですが
やはり64bitでの1.4b2は動作しないのでしょうか?


337 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/04/28 09:55
まずは何エラーかをだせ。afpdの出すエラーが重要。
あとはデバッグモードかなんかでこまかく調べる。

338 :nmaeda:04/05/02 06:31
FreeBSD 4.9でパッケージからNetatalk 1.6.3.1をインストールして使っています。

日本語のボリューム名を使いたいのですが、これらの組み合わせで可能なのでしょうか?
AppleVolumesにEUCやシフトJIS、CAPエンコードで書いてみましたが、文字化けしてしまいます。
ダメだとして、いわゆるEUCパッチとかSJISパッチを当てれば
使えるようになるのでしょうか?

どなたかお教えください。


339 :nmaeda:04/05/04 03:43
EUCパッチとかSJISパッチはボリューム名には対応していない
みたいですね。
残念。

不便でしょうがないなぁ。DAVEでも入れるかぁ。


340 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/04 08:21
アッポートゥク


341 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/05 11:58
DAVEは糞
勝手にEOFコード付けやがったせいで謎のコンパイルエラーに悩まされたり
二度と使わん

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/06 08:40
1.4の時から日本語ボリューム名使えてました。

100 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)